本当に自分でアプリが作れるのだろうか?

「本当に自分でアプリが作れるのだろうか?」 
 
受講前の皆さんが口々に揃えて言うことです。

クラウドナインアップスでは、アプリを開発する上で必要な知識を身につけられるよう、1からトレーニングを行います。 
受講生の中には、書籍を読んでみたが途中で躓いて挫折した方、他のスクールやオンラインスクールを受講したが1つもリリース(販売)できなかった方などがご受講に来られます。 

なぜ、リリースできなかったのでしょうか?
それは皆さんが自身のレベルを超えるものを作ろうとしたからに他なりません。

まずは、習った範囲でシンプルなアプリを作ってリリースする。
企画から開発、リリース(販売)までの一連の流れを自分で行い、1円でもいいので収益を上げて、次の開発のモチベーションにつなげることが重要です。

 

最初に何を目指せばいいのか?


例えば、「ボタンを押したら音がなるアプリ」を考えてみて頂きたいと思います。

仕組みとしては非常に簡単ですし、中級者以上であれば、30分もあれば作り上げることができます。
アプリを作ったことのない方は、そんなアプリを作っても誰にもダウンロードされないし、お小遣いも稼げないのではと考えられるかもしれません。

 
それでは、そのアプリが、電車の中でボタンを押したら、
「痴漢です!!」
という音声が流れるアプリだったらどうでしょうか? 
100人の女性に1人、または1000人の女性の1人にはニーズがあるかもしれません。
(2015年の女性平均の労働人口は、2842万人です。1000人に一人がダウンロードしたとしても、28420人に使ってもらえます!) 

他に、このアプリを応用して、個人経営の旅館やホテルのフロントに置き、通常は宿の案内を表示させつつ、ボタンを押すことでスタッフを呼び出すことができるアプリに展開することもできます。
(アプリを世界中の言語に対応させれば、世界の小規模なホテルで使われるアプリになるかもしれません!)

 このようにシンプルな機能でも使うシチュエーションを変えるだけで、いくらでも応用が利くのです。

皆さんが本当に作りたいアプリをリリースできるようになるために、我々は、
『まずは自分ができる範囲で、リリースを目指してもらうこと』
を目標に、サポートを行って参ります。

 

初心者が学ぶべき内容に的を絞った、無駄を省いた講義内容


クラウドナインアップスでは、初心者がまずは覚えるべき内容にフォーカスを当てることに徹底して、無駄を極力省いた基礎内容のトレーニング行っております。

例えば

・初心者が知っておけば良い開発ツール(Xcode)の使い方のポイント 
・技術書籍にはなかなか書いていない問題が発生した場合の対処方法 
・後に応用が効く、基礎となるアプリ画面の作り方 
・プログラム言語であるSwiftの基礎(初心者が、これだけ知っていればまずは大丈夫という範囲)
・アプリ企画とダウンロード数を上げるためのノウハウ ・マネタイズ(収益)の仕方 
 
などです。

 さらに、クラウドナインアップスでは、上記の事を受講生の皆様が効率的/効果的に行えるように、少人数制でじっくりしっかり学ぶことができる環境をご提供しております。

 

まずはリリースを目指し、次に、本当に自分が作りたいアプリを目指す


初心者の方の中には「パズドラ」のようなヒットゲームを作りたい方や「LINE」のようなSNSアプリを作りたい方もいらっしゃると思います。
しかし、作りたいものは一旦置いておき、まずは、自分ができる範囲でのシンプルなアプリのリリースを目指して頂きたいと思います。 

アプリを1本リリースすることでモチベーションが高まります。

リリース後に1円でも入金があれば、規模は小さいですが、自分のビジネスモデルが出来上がります。


アプリはリリースしたら終わりではなく、バージョンアップしてより使いやすいアプリにしていくことができます。
まずはリリースを目指し、バージョンアップで本来実装したかった機能を追加していくでもよいですし、リリースしたあとに他の類似のアプリにも応用が効くようにテンプレート化してもよいでしょう。

クラウドナインアップスでは、皆様が、まずはリリースを目指せるような講座内容にしております。
また、最後の講座では、実際にアプリで収益を上げるための方法を説明しています。
併せて、受講終了後に、さらに理解を深めていただくのに最適な書籍や講座の紹介をさせて頂いております。

クラウドナインアップスでアプリ開発を学ぶことで、アプリを作ってリリースする楽しさや次に続くためのモチベーションを知って頂くきつつ、スキルアップを図ることができるのです。